Intern
Y.K

慶應義塾大学経済学部。2015年4月、インターンとしてスペースシップへ入社し、コンサルタントとして業務に携わる。入社当初より代表とともにクライアントとの打ち合わせに同席し、各種提案資料の作成などで経験を積む。現在はデータ分析業務や新規事業立ち上げに係わるなど業務の幅を拡げ、スペースシップの戦力として活躍している。

スペースシップをインターン先に選んだ理由を教えてください。

大学卒業後はコンサルタント会社に入社を予定しており、即戦力になれるようなスキルを身につけておきたいと考えていたためです。

今まで経験した主な業務内容を教えてください。

コンサルタントのインターンシップとして働いています。主にコンサルティング業務において必要なデータ収集や分析、資料作成を行っています。クライアントのウェブサイトのパフォーマンスを評価し、改善可能性を模索するようなミッションも行っています。
また、キュレーションサイトの新規立ち上げ事業では、出稿記事の収集やライティングも行いました。

インターンを経験して成長を感じたところはありますか?

同じプロジェクトに長期的に携わらせていただけるため、自分が以前出したアウトプットが、その後プロジェクトにどのような影響を与えているのかを見ることができます。その影響が大きくなればなるほど、自分の成長を感じられます。

スペースシップでインターンをしてよかったことはなんですか?

自分の成果物に対して、必ずフィードバックをいただけることです。さまざまな専門性を身につけた社員の方々から適切なアドバイスをいただいて自分の考えを修正し、次に活かすことができます。そのうえ、スペースシップはその改善されたものを活かす「次」の機会を獲得しやすい環境なので、常に成長を実感できます。

仕事をする上で、どんなことを大切にしていますか?

自分が今行っている作業にはどのような意味があるのか、この後どのように使われていくのかを必ず意識することです。より意味のある成果物をつくり出すために大切だと思っています。

スペースシップで経験した印象深いエピソードを教えてください。

自分が分析した内容に関して、実際にクライアントの方にお話しする機会を設けていただいたのは非常に印象深いです。
数値から導き出された情報に一喜一憂していらっしゃる方を目の当たりにして、自分が普段行っている作業がいかに重要かということに気付かされました。

あなたにとってのスペースシップの魅力を教えてください。

常に学べる機会があることだと思います。

今後の目標(夢や将来像)はなんですか?

今後はスペースシップで得た知見を活かしつつ、内定先でのコンサルティング業務に励みたいと思います。特に日本企業の海外進出支援に興味を持っています。それがどのような形で実現されるかはまだわかりませんが、しばらくはウェブマーケティングをはじめ、できる限りの知識を身につけ、その時に備えようと思います。