Project
Manager &
Consultant
K.K

2013年4月、スペースシップでのインターンを経て入社。外資系食品メーカーのプロジェクトにおいて、デジタルマーケティング中長期戦略立案、スマートデバイス対応、SNS連動キャンペーンの企画・ディレクション、広告プランニング・分析を担当。EC企業やセキュリティベンダーのプロジェクトでは売上拡大と顧客関係性強化の両立をねらい、データ分析&PDCA構築支援やコミュニケーション・プランニングに従事。慶應義塾大学商学部卒。

現在、携わっている業務内容を教えてください。

現在関わっているプロジェクトは、大きく2つあります。
ひとつは外資系食品メーカーさんのプロジェクトです。プロジェクトの初期段階からコンサルタントとして参画し、現状分析を踏まえたデジタルマーケティングの中長期戦略立案に携わりました。現在は、引き続きコンサルタントとして新規施策の企画や提案を随時行いながら、プロジェクトマネジャーとして全体を管理しています。
もうひとつは、大手通販会社さんのメールマーケティング最適化プロジェクトです。「売上の最大化」と「顧客関係性強化」を目的として、データ分析を踏まえたPDCA支援、A/Bテストの企画/分析/改善提案、コミュニケーション・プランニングなどを実施しています。

入社からこれまでを振り返ってみて、どうですか?

新卒で入社しましたが、いわゆる「新入社員」として特別扱いされた期間は非常に短く、すぐにプロジェクトメンバーとして実戦投入されました。フロントからデータ分析、資料作成までさまざまな業務に携わることができ、また全てのアウトプットに対して社内で的確なレビューを受けることができたので、日々成長していく実感がありました。また、クライアント企業の業種/業態を問わずさまざまなプロジェクトに関われたことで、ビジネスに対する幅広い視野を培うこともできたと思います。

スペースシップのコンサルタントとして求められていることは?

お客さまのビジネスに貢献するために、現状の課題と可能性を整理し、あるべき姿とのギャップを明らかにする。そのギャップを埋めるために、具体的なアクションプランを提示し、プロジェクトマネジャーをはじめとする他のメンバーと協同してプロジェクトを推進する。これがスペースシップのコンサルタントに求められていることです。
時にタフな局面にも立ち会うことがあるかもしれませんが、そんな時こそ問題の本質に立ち返り、ひとつひとつ課題をクリアしていくことが重要です。

スペースシップで経験した印象深いエピソードを教えてください。

とあるデジタルキャンペーンの景品として、フレンチレストランを貸し切ってスペシャルパーティを開催したことは、とても印象に残っています。
普段データ分析ばかりしていると数字にとらわれてしまい、一般的な生活者としての感覚が薄れがちですが、お客さまと直に接し生の声をお聞きできたことで、データの裏側には生身の人間が存在しているということを強く意識するようになりました。

仕事をする上で、どんなことを大切にしていますか?

常にお客さまにとってのビジネスバリューを出し続けることです。その実現のためには、コンサルタントとして「あるべき姿」を描くだけでなく、不合理な点を取り除き、関係者の認識を揃えて具体的な施策を展開していく推進力が必要となります。「戦略なき戦術は無意味」であり、「戦術なき戦略は空論」です。

あなたは何のエキスパート?

課題解決のエキスパートでしょうか。プロジェクトの要件や課題解決の方向性次第で、成果物は中長期戦略からキャンペーン企画/運用までさまざまです。どんなプロジェクトでもお客さまの抱える本当の課題を見抜き、期待値を上回るバリューを出せるよう、日々業務に取り組んでいます。

あなたにとって、スペースシップの魅力とは?

社員の個性が豊かで、いつも自由な雰囲気があるところです。一方で、カッチリと締めるところは締める、そのメリハリが心地いいと感じます。あとこれは非常に重要なのですが、オフィスがある東銀座は周囲に飲食店が多く、ランチの選択肢に困ることはまずありません。毎日、お昼に何を食べようかな……と、楽しみで仕方ないですね。

今後の目標(夢やキャリアプラン)はなんですか?

現在はコンサルタントやプランナーとしてプロジェクトに参画することが主ですが、今後数年単位の目標は会社組織の成長に貢献し、自らも成長することです。ちなみに数十年単位の目標は、田舎で暮らすことです。田舎でどんな仕事をして生計を立てていくか……、そんな妄想をしている時間が一番楽しいという説もありますが。

オフの過ごし方

平日は比較的遅くまで仕事をしていることも多いので、休日はしっかりリフレッシュすることを心がけています。春や秋はドライブやツーリング、夏は涼を求めて登山やキャンプ、冬は毎週末のようにスノーボード&温泉に行っています。都会の喧騒を離れて田舎でのんびりすると、心も身体も癒やされますね。

最後に、どんな仲間と一緒に働きたいですか?

物事を素直に受け入れる謙虚さ、素直さと同時に、
「はたして本当だろうか?」と前提を疑うことができる人。
社内で忌憚ない議論を交わすことによってお客様によりよい価値を提供し、
仕事のやりがいを感じられるといいなと思います。